プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウン中・・・

一昨日から風邪をひいたようで、どうにも身体が重くて仕方ない、、、
昨日は大事な会議があったのに、なんとか終わらせたものの・・・まともに説明できていたのか定かでないし、、。切込みを入れる力もなかったので、やんわりと穏やかに終わってしまって、物足りない気持ちだけ残ってしまった。せめて頭を回す力だけ残っていればよかったのに、、、。

昨日早退させてもらい、今日は一日お休みをもらい・・ようやくすこーし楽になってきた。
何故か今朝無償にトマトを身体が欲していたので、化粧も大してしないまま出かけてスーパーへ。
買ってきたトマトをほおばると、身体にじんわり広がっていくビタミンを感じた。 
「んーこれだ・・・」と、つい言ってしまった私。。
丸一日寝ているのも辛いので、少しは起きてもみたけれど、どうにもだるくて直ぐ横になってしまう始末、、。今ようやく、PCに向かえる力が出てきたところ。。。
明日はカムバックできるかな。


そうそう、先日、知り合いの女の子4人を連れて湘南の海に行ってきた。
何ヶ月も前から企画はしていたものの、天気が悪かったりして延期にもなり、先日ようやっと実行できたもの。目的は「叫ぶ」、題して「叫ぶ会」(笑)。
みな同じ職場の人で、みぃんな不満を抱えていて、、その不満を叫ぼうじゃん!と私が一人に言ったことから輪が広がり・・予定では7人も連れて行くことになっていた(笑)
予定が合わず、結局は縮小されたが、いやぁ 私の一声からそんなに広がるとは・・・と 正直驚いた。
まぁ当日は叫ぶだけでなく、美味しいイタリアンでランチも出来たし(しかも運のいいことにヴィップルームらしき個室に通してもらえた♪)、みんな満足して帰ってくれた様子にひと安心したのだった(ほっ・・・)。

鎌倉カフェ1
鎌倉カフェ2

あれから数日・・・。
私は風邪をひいてしまったけれど、みんなは叫んだ甲斐あって元気に過してくれているといいなぁ・・・


テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

身体に聞いてみる

最近なぜか調子が悪い。身体が重く、気持ちも上がってゆかない状態。
調子が悪い時は仕事の能率も当然悪くなるから、時間もかかって全部後押し状態になってしまって、、、いいことは無い。


何がストレスになっているのか、何が重荷になっているのだろうか?


自分の中で“不快”に感じている部分を身体に聞いてみたら、思い当たるものがあった。
或る“声”だった。
私も色んな声質を使い分けているけれど、他人の声で高くてキャンキャンしている声は どうやら苦手らしい・・・。時と場合によって、そういう声が場に適していて心地いいこともあるのだけれど、日常から頻繁にあるすると ちょっと辛いのかもしれない、、、
もちろん声質やトーンだけが問題なのではなく、話し方 口調も関わっているのであって、一概にトーンの高い人が嫌というわけではないのだけれど・・・。


とにかく思ったことを 状況見ずにキャンキャン話してくる元生徒・・・・ あの子とどうしても重なってしまう。大人なんだけどねぇ、、、
言いたいことを直ぐに言えることも とっても大切なこと。でも、言うことでどうなるかを推測することも、大人になったら必要なことじゃないのかな・・・。推測できていれば、自ずと言い方も変わり、トーンも自然に落ちつくと思うんだけどな、、、


とりあえずは、その声に対する自分の苦手さと  うまく付き合ってくしかない・・・


テーマ : 自分に活かす☆ - ジャンル : ライフ

失くしてしまったもの・・・

彼女を見て思った。彼女、だと思う人を見て。

なんの物腰があるわけでもなし、社交的というわけでもなく、彼のバックアップになれる人ではないかもしれない。
でも、あの はかなさ というのか、無垢な感じは、彼の憩いになるんだろうな…
あの あどけない微笑は、羨ましいくらい眩しかった。

勝ちとか負けとかいうんじゃなくて、純に悲しくなった。
自分に、あの感じが無くなってしまっていることが、悲しかった。

学生から社会人になって しっかりしなきゃと自分に鞭打ってきたこと、女を捨てなきゃっていけない職場だったことで、どんどん男勝りな自分になってきたことは、別に嫌じゃないし、なるべくしてなったんだと思う。でも、それが表向きになりすぎて、ほかのものが内面にしかない、滲み出もしていないんだろうなぁ・・・って、彼女を見て思った。走り過ぎてきちゃったのかなぁ 私、、、



テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

家族内のマナー

なんの繋がりの無い人たちなのに、揃いも揃って私に連絡を入れてくる日や時間帯が同じだったりすることがある。昨日もそうだった。
普段そこまで親しくしていない人からの食事の誘いだったり、旅行から帰ってきましたーの報告だったり、週1会うだけの同僚だったり、昔の同僚だったり・・・・
昨日の午後、特に夜は大変であった。

昨日は1週間ぶりに帰った実家だったので、メール嵐の渦中の私に、さすがの親も腹が立って文句たらたら・・・。
気持ちは解る。だけれど、夫々が皆その時思ってメールしてきてくれたんだよね、その返事も大事なわけよ。
こちらが一段落した時に、「ちょっといい?」と声をかけるわけでもなく、そのまま次の連絡が入ってしまう私に腹をたてる親。「話したい」とも「まってるね」とも言わずに、自分に気を遣ってくれないことに腹を立てていた。その一言も無いまま勝手に憤慨されるなんて お門違いだ!と、私もついつい怒ってしまった。いつまでたってもケンカの耐えない親子である、、、

2年位ご無沙汰していた友達が連絡をくれ、私が即レスしたことで すぐに電話してきてくれたことは、
やっぱり母に何と言われようとも 自分の姿勢を崩さずに居たことによるものだと思う。
家族ももちろん大事。でも私は、家族同様 知人・仲間も大事にしたい。
声をかけもせずに 自分を一番に考えてくれないと憤慨すること、家族だから当たり前に優先順位は先だと思われることに、私は抵抗がある。家族だからといって、“当たり前”ということは無いんじゃないの?
ズカズカと踏み入っていい場所と そうでない場所、家族の中にはこの2つの領域がある。
その使い分けがうまくできないと、いくら家族であってもいい関係は生まれないし、絆は深まらない。
勘違いな家族絆の主張は、かえって溝を作ることを気付いて欲しいのだが、もうかなり年配の親には無理な話なのだろう。私がこういう主張を持つ人間であるということを、いつかは認めてくれるだろうか・・・。


テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

自分から

自分から打ち破った。

モヤモヤして堪らなかった気持ち。
先週想いを伝えたけれど、遠まわしのお断りがやっぱり気になって仕方がなかった。
だって、好みじゃないならそういう返事、彼女がいるならそういう返事でしょう?
どっちとも取れないお断りに、あの時は、これからをスタートにして、全然知ってもらえていない自分を知ってもらえるように 自分を磨いていこうって思った。それにもっと自分を出していこうって思ってた。

でも、やっぱりそんな自分を出せる場所が無いんだな…って先日痛感したんだ。打破したくてもできない構造。私には与えられないチャンスなのかもなぁって悲しくなった…。

だったらせめて、彼に近ずけるのか知りたい・・・
もともと気持ちを伝えに行った時も、彼女がいるのか聞きたかったんだ。彼女がいるなら迷惑になるから、押しかけてる自分が嫌だもの。人に言わすと、そんなの関係なく 好きなら奪うくらいの勢いが無いといけないらしい。でも私は違うの、だって彼が好きな人なら 彼が大切にしたい人なら、多分きっと私も好きになれる人だと思うから、その彼女を傷つけるのは嫌なんだ。
彼女が傷ついたら、彼も傷つくわけじゃない…? そんなの不幸すぎるよ。 

だから聞いたの。もう一度想いもいっぱい、詰めにつめたメールを送った。
ほんとうは、メールでなく直に聞ければ良かったんだろうけど、そういう機会も持てないし…。
もう、送信するかしないか迷いに迷って、やっと送ったのは午前3時近くだった、、、

この間突然言って申し訳なかったこと。フラレるならちゃんとフラレたかったこと。迷惑かけたくないから彼女がいるのか知りたいこと。ごく一面しか知らないけど、他のどんな姿を見たとしても、それらが掻き消されるくらい大きなものを知って好きになってること。色んな面を知れてる仲間がうらやましいこと…。どんなに頑張って、好みの人になれるように頑張ってもダメなの?…てことまで書いて送った、、、

送ってから後悔もした。こんなことして、解らずや 鈍感って思われるんじゃない?って。
それに、知りたいことは予想もつくことだから、怖くて仕方がなかった。。。
昨夜、彼からの返事が来たときは、本当にどうしようかと思った・・・

携帯を開いて、彼の書き出しの部分を読む時から、緊張と予想と予感でごっちゃになって涙が出る一方だった。

私の質問にちゃんと答えてくれてる部分は、もう大泣き状態。
一度目読んで泣いて、辛いのに、二度目声に出して読みながら大声で泣いてる私ってなんなんだろう。
“数年つきあってる彼女がいて、結婚も考えてる”
そうだと思ってた。そういう返事がきてもおかしくないと思ってたのに、いざ受け取ってみると、受け取れないくらい大きなショックが一緒に寄せてきて、もうどうしたらいいのやら。。
涙が出るようで出ない、だけど泣き叫びたい、こんなことって初めて。ふっと気を緩めると、直ぐに悲しくて涙がこみあげてくる。こんなこと、最初で最後だったりするのかな。。こうやって書くのも、やれやっと…。通勤途中も、休憩時間も、帰宅してからも、一日経っても全然落ち着かない。

つらかったけど、ちゃんと答えてくれた彼への返事には、“またよろしく。今度会うときは元気な姿で行くので!”って書いた。
もちろん強がり。でもそうしておかないと、普通に会えない気がして…怖いから。それに、彼にも気を遣わせたくなかったから。
書いた以上、泣いてなんかいないで元気にならなきゃって思ってる。


悲しいけど、でも彼には幸せになって欲しいから。
私はこれからも、蔭ながらでいいから支援していきたい。
前に伝えたように、フラレても好きな気持ちは変わらないんだもの。
認められる男性なんて今まで居なかったから、この先これ以上の人が居るかしら…と不安にもなるけれど、そこまでの人物だからこそ、想い続けたい・・・

自分で打ち破ってしまったモヤモヤは、深い悲しみと涙に代わっただけだけれど、ぜったい良かったはず。
身の置き方に困るよりも、はっきりさせてよかったんだ。
それに、「気持ちは痛いくらいに伝わってきた」って言ってもらえるくらい、ちゃんと届いたんだから、良かったじゃない?
そう、いつ引くかは解らない涙とともに、今はそんなことを思っています、、、

テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ

ばかな私・・・

想いをちゃんと面と向かって伝えられていないことが、とっても気になってた。
いつかちゃんと言おう、いつか絶対・・・そう思ってタイミングを待ってた。
でも、そんなタイミングは全く訪れる気配もなく、もどかしさが募るばかり…。

タイミングは待ってるだけじゃない。
そう思って、なぜか『今日こそ言わずにはいられない 今日しかない!』と、足を向ける数時間前に思い立った。彼が居るかどうかも、帰ってくるかも分からない、予定を知らないのだから かなり無謀な思い立ちだけれど、せっかく思ったのだから…と身体は引き止めることをしない。

案の定、彼は不在。
でも、とりあえず1時間、待ってみた。
家の前では迷惑をかけてしまうから、ちょっと離れた場所から様子見て・・。
幾ら待ってもだめ…。
そりゃそうよ、仕事かもしれないし 仲間との食事かもしれないし、帰ってくるかなんて知らないのだもの。
雨が激しくて、寒くて凍え死にそうだったけれど、募る想いがあるから大丈夫、なかなかその場を離れようとしない自分のカラダ。

1時間を過ぎた頃には、さすがに帰ろうと…とぼとぼ歩きだした。でも半分くらい戻ったところで、『もう少しで帰ってくるかもよ?』と悪魔の囁きが聞こえて、あと15分だけ…と、引き返した。そんなことを3回も繰り返して、結局2時間近く 意味のない希望を持ちながら待ってしまった、、、

ほんとの帰り道では、なにやってんだか…って自分に呟いて罵倒した。
このばかさ加減に、いいかげん溜め息が出る。
だって私、今日しかない…とか思って動いたけれど、実際会った時になんて伝えるかなんて、まったく考えられてなかった。
相手が一人で帰ってくるかだって分からない、もし誰かと帰ってきたら、どうするんだろ・・・どうやって話したらよいかも解らないのに、会うことだけを考えてる自分の浅はかさ、、、
でも玉砕してしまったほうがいいのかも…て思いも、確かにあったから。
どこまでバカなんだかね…。

たった2時間不在というだけなのに、土曜日の夜だし、やっぱり彼女いるんだよ 彼女のとこに行ってるんだきっと・・・って思ってしまう自分が、なんとも情けなくて悲しい、、、
いるだろう彼女。でもいないかもしれない数パーセントの望みにシガミツキタイ自分。
はっきりさせたいようで、はっきりさせるのが怖い自分。
どーしたらいいのか分からなくなる、おばかな自分。
いつまでこんなんやってるんだろ…

雨の冷たさにやられて風邪なんて引いたら、もっとばかだから、気をつけよ、、、、

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

どうかエネルギーを!

実は水曜の夜、夜勤で木曜の朝まで寝ずの番をしていました。
「寝ず」と言っても、仮眠程度はあるのですが、やっぱり体は休まらない。その夜勤明けの体で、木曜は夕方まで仕事をし、更に夜 或る勉強をしに行き22時半過ぎまでかかり帰宅、就寝出来たのは午前2時頃でした。
そして金曜日、この日は朝8時半から夕方までぶっつづけ仕事。その後また夜勤で、今に至る…という感じ。(現在休憩時間中…)

仕事が詰まっているのは好きなのだけれど、さすがにこの夜勤と日勤の詰まりようは凄いです。木曜夜でもうきつく、帰宅時ボーっとしていた私は駅のホームで名刺入れを落とし・・・
「おーいおい、お姉さん。こんな大事なー物 落としちゃ駄目だろうがよぉ? 
大丈夫かぁ?」
なんて、酔っ払いのおじさんに親切に拾ってもらってました、、、。
それでも、気持ちよく御礼が言えないくらいエネルギー切れ。
夜勤だけの生活だったらまだしも、日勤との掛け持ち、これはやはり体にきますわどくろ

今日の夜勤明け(土)はゆっくり出来ると思っていたけれど、刻々とスケジュールが詰まっていく私に、先ほど予定が入り(泣)
どうやら休んでいられないようです絵文字名を入力してください
明日を逃がすと、火曜まで休める時が無い!!
これはヤバイです。どうやって体を休ませよう…絵文字名を入力してください


テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。