プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想起より・・・(№6)気が付いた自分

仕事帰りの夜間学校、唯一の休日の学校通いは、正直しんどかった…

でも、何の為かって、あの子の為。
いや、あの子に対する自分の為か・・・。

自分が不安でしょうがなかったんだ。
どう接していいか解らなくなってくる自分を、どうにかしたかった。
それが解れば、あの子の為にもなるのだから。

  ~~~~~~~~~~~~~~~

夜間学校に通う中で、あることに気がついた。
授業の中でカウンセリング実習が行われるのだが、自分がクライアント(相談者)の役になる時は、当然何かしら悩みや問題点を話すことになる。初めは、何を話したらいいのか分からず困った。
何を話せばいいのか、、、

思えば、私は人に悩みや愚痴を言わないタチだった。
人に弱み(?)を見せるのは恥ずかしいとか、情けないとか思うほうだった。そう育てられたから…かもしれないけれど、そんな自分でずっときていた気がする。そうしてきたからなのか、自分の悩み?問題?に気がつけない…
悩みや問題が無いわけではない。気がつけない人になっていることに、その時気が付いた。

それから数ヶ月は苦しみながらの実習。だが徐々に、気が付けるように、又人に言えるような自分になっていき…、何だか楽になれた。
悩みを話す分だけ、明るい話題にも気が付けるようになった気がした。
私にしては凄い変化だった。

苦手だった人に対しても、好きな人に対するのとなんら変わりなく接することが出来るようになった。今までも出来ていたはずだけれど、以前よりも尚、分け隔てなく接することが出来るようになった。

気になるあの子への接し方も、そんなに苦痛でなくなった。
私に出来ることは限られている。その中で支えられることは支えたげる! そういう姿勢を彼女に伝えながらの関係。
彼女と私の間にいい距離が生まれた。彼女もそこまで私に依存しなくなり、自分で何とかしなきゃっと考えるようになった。
入退院を繰り返し、薬も増え、仕事もうまくいかず・・・、状態は今でも常に不安定だけれど、昔よりもずっと一人で戦う力が付いたように思う。

彼女は26歳。いい歳だ。
問題の根源にあるものは解っている。そこが打破できなければ、なかなか先の世界は開けない。大きく難しい問題な為にスムーズにいくものではないけれど、なんとか独り立ちできるようになって欲しい。そして幸せになって欲しいと想う。私より先に、幸せな結婚をして欲しいとも...



また明日。

【途中からお読みになってよく分らない方、「想起より」を始めからお読みくださると話が繋がると思いますので…よろしかったらお読みください】

スポンサーサイト

<< 想起より・・・(№7)見せれる自分 | ホーム | 想起より・・・(№5)きっかけ >>


コメント

自分に正面から向き合うって簡単そうで難しい。
悩みや不安を人に話す事も・・・
それが出来るようになると人としてちょっと成長した気がします。
その為にも話す相手がいるって重要な気がします。
人との繋がりが自分を成長させてくれるって再認識です。

気になる彼女も空鳥さんとの繋がりから少しずつ前進していってるんですね。

「悩みを話す分だけ、明るい話題にも気が付けるようになった」の文にハッとした。
自分も悩みを誰かに打ち明けることは、弱い人間だと思っている一人であるから。でも、男性はそういう考えの人が多い気がする。・・・
悩みを抱えていたら、いいことも、明るいことも、楽しいことも気づかないままでいるでしょうね。勉強になりました。

灰色狼さんへ!

前進、いい言葉だぁ
私も彼女も「前進」出来ていたら、嬉しい限りです。

hijiriniさんへ!

そうですね、男性は特に多いかも。
吐き出した分スッキリもするし、伝えたいという気持ちが話す相手にも伝わるから、よりいい関係が築けるような気がしました。

話好きな人はよく悩みも言う。

「そんなこと言われても僕には当事者じゃないからわかんないよ」っていつも思う。

そう、僕自身悩みを人に言わないし悩みがあるのかどうか分からない。

だから、人の悩みや愚痴も自分の尺度で考えて
「そんなん、大したことないじゃん」っていう気持ちで考えちゃう。

辛いことやうれしいことに気づけるのはココロが柔らかくなっているんじゃないかな?

柔らか戦車みたいに腐らない程度に柔らかく行きたいものだ。

相手に対して心を開いた時
初めて相手も心を開いてくれる。。

出来るだけ心の壁を取り除いて人と接したいけど
それがなかなか難しいね。。v-410

ヤベっちさんへ!

そうよ!ココロが軟らかくないと気が付けないの。
昔の私のココロは、カチコチに固まってた。
何に対しても、辛抱強く立ち向かうしかないと、
体にプログラミングされていたような気がするな…

hikoさんへ!

難しいよね。
でも私は心がけてるよぉ。
自分から心を開く・歩み寄ることで、本当の意味での知り合いが出来るから。いい感じの知り合いが沢山いたら、私は嬉しい☆

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。