プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想起より・・・(№5)きっかけ

突き刺さった言葉から解放されたくて、もがき苦しんだ数年・・・
何かで癒したいと思うあまり、過食気味になったり買い物依存気味になったりしたこともあった。
でもそんな薄っぺらいもので癒されたいわけじゃない、きっと私を導く何かが何処かにあるはず。そう思って手当たり次第やりたいことに手を出した。教員生活だけでも忙しいのに・・・、料理教室に通ったり、他の楽器を習ったり、神学を学びに大学の夜間講座に通ったり、絵画修復を学びに行ったり、美術講師の資格を取ったり、夢の一つだった幼稚園教員免許取得の為に夜間通ったり…。
仕事帰りに通う力が足りずに断念したことも沢山あり、周りからは中途半端に思われたりもしたけれど、自分としては少しカジれただけでも良かったと思ってる。とにかく違う環境で、違う視点がもらえただけ、自分にはプラスになったから。


そして5年前くらいだろうか。
卒業生の一人と、街でばったり会った時のこと。
担任はしたことのない子だったが、「先生久しぶり~」と少し立ち話。
そしていきなり見せられた、傷だらけの腕。
その日から、リストカットで苦しむ彼女とのメール&電話のやりとりが始まった。
毎日数十回のやり取り。夜中でも日中でも入ってくる「切りたい」「死にたい」メール。
どうにかしてでも救いたい、支えてやりたい、そう思って接した。
でも、一向に良くなる気配はなく、彼女は摂食障害にもなっていった。
連絡が入った時に直ぐ返事をしてやりたくても、夜中は起きてあげられても、仕事をしている日中はなかな難しい。いつも「切りたい」メールを後で見て、連絡すると「切っちゃった」返事。。
ごめん、また返事遅れた、、、、
仕方ないと思ってはいても、自己嫌悪に陥る毎日だった。

即レスは無理だとしても、何か彼女の為になるような、もっと効果的な方法は無いだろうか?
そう思ったことが、心理学の勉強に足を踏み入れたきっかけ。


心理学を学び始めた自分。
また変化してきていた…


続きはまた明日。


【途中からお読みになってよく分らない方、「想起より」を始めからお読みくださると話が繋がると思いますので…よろしかったらお読みください】

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

<< 想起より・・・(№6)気が付いた自分 | ホーム | 想起より・・・(№4)辛くても >>


コメント

自分以外の誰かの為に・・・そんな強い想いが伝わってきます。
どうにも出来ない事もあるけれど、何か出来る事が僅かでもあるはず。
そう思いたいです。
そう思って行動する事が何もしないよりずっといいと。

空鳥さん、こんばんは。
買い物依存、空鳥さんもですか。
買い物依存の私ですが、もがいているのかもしれないですね。
といっても、もう私は経済的に買い物依存はしないです。
空鳥さんの人生の転機がその卒業生なんですね。
いま、その卒業生はどうされていますか。
今後、読んでいけばわかるのですね。
読んでいきます。

たぶん、リストカットの彼女もそのころの空鳥さんも同じ立場にいたのかもしれない。お互いに繋がっていることで安心したり慰めたりしていたんだと思うなあ。

そこで一つ上を見て、心理学を学び始めたんだね。

目の前にいる自分を何とか変えて助けたい、いつでも空を見て自由に飛べるように、開放したい。

そんな気持ちだったんじゃないかな?

違ってたらごめんね。

誰かのために自分を役に立てたい。

ふとしたきっかけでそういう思いが発露することがあります。そしてそれを実現するかどうかは、おのれの努力次第。

なかなかできることではないです。
続きをまた拝読させていただきます。

灰色狼さんへ!

まず思うことが大事ですよね。
結果云々よりも、その過程だと・・・

かっくんさんへ!

買い物依存は、なんとか短期間で食い止めることが出来ました。でもあの時は、この先どうなっちゃうのだろうと不安でした、、、

ヤベっちさんへ!

繋がっていることで安心したり慰めたり…っていうのは無かったかなあ。やっぱり相手は生徒だから、自分が何かしてあげなきゃいけない 母親みたいな気持ちだった。だから自分の傷を同時に癒したいわけでは無かったよ。
でも、別の線では確かに、自分も解放されたいと思っていたから、心理学への道はグッドタイミングだったのかもしれないですね~

夜間飛行☆さんへ!

そう、自分次第ですよね。

では続きを・・・

リストカット。。
本人でないと分からない難しいそして寂しい病気ですね
何とかして上げたいけど基本的には話を聞いてあげることしか出来ない。。
何とか寂しすぎる世界から抜け出させてあげたいね。。

心理学。。ホントに行くべくして進んだ道みたいだね。

          


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。