プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想起より・・・(№2)

私が眠っていた間に動いてくれていた方の話を聞いて、めげている場合じゃないと思いました。

その方とは、外人の神父様。
伯母が通う偉大な教会の神父様で、当時85歳位だったと思います。伯母から私の話を聞いたことで、直ぐにフランスのルルドの聖水(奇跡の水)をわざわざ現地から取り寄せて、届くまでは毎日お祈りを捧げてくれていたらしいのです。そして祈りをこめたメダイも御用意くださり、はるばる遠くから私の為に送って下さいました。ルルドの水が届き その水で眠っている私を洗い清めた次の日、私は目覚めたそうです。ルルドの水の奇跡は存じていましたが、この身でその奇跡が起こるとは思ってもみなかったことです...

退院して直ぐ、まだ本調子ではない中でしたが、その神父様に御礼のお手紙を書いたところ、ご丁寧にお返事を頂きました。その手紙には、「貴方は理由あって戻ったのです。何か貴方にしか出来ないことがあるのです。でなければ、戻っては来れません。何の使命があるかは分りませんが、多くの人の力になってあげてください。」とあり、洗礼を受けていない私に洗礼名まで授けてくださいました。

こんなことから、私は余計に、狂しいなんて言っていたらいけない気がして、動き出せたのです。
体が思うように動かなくても、指がうまく動かなくても、脳がぐらぐらしても、苦しいなんて言わないと決めて。必死にリハビリに専念しました。なんとか早く元通りにならなければと、夜中の訓練。実技も幼児レヴェルからやり直しでした。昼間だと見られて恥ずかしいから、夜暗闇の中で練習しました。

それでも12月の卒業試験は、到底無理だろうと思ってた…。

でも不思議なものです。必要としている力には、うまく出会えるものなんですね。その時の私には、やはり何にも振り回されない強さ(真の強さ)が必要だった。その必要な霊的な力を、タイミング良く出合った書籍や音楽からも得ることが出来て、周りの視線を気にすることなく その世界にどっぷり浸かることで乗り越えられたのだと、今思います。
その時力になってくれたのは、バッハ=ブゾー二の「シャコンヌ」という曲と、パウロ・コエーリョの「アルケミスト」でした。今でも私の原点だと思っています。出合う力は、引き寄せる力であると、その時から実感するようになりました。欲する力は、偉大です。

12月の卒業試験に出れただけで嬉しいことでした。しかし何よりも、試験直後に自分の恩師や他の教授が寄ってきてくれて、「よく頑張ってここまで戻れた」と涙を流して抱擁してくださったことは忘れもしません。

この第一の関門を突破した私は、僅かな自信を付けて、次のステップへ踏み出そうとします。

“いつ何が起こるか分らない、いつ何が起こってもいいように、思い残すことのないように全力でいこう”
そう思うようになったのが、この事故からでした。


(次のステップからのことは、また明日・・・)

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

<< 想起より・・・(№3)ステップ | ホーム | 想起より・・・(№1) >>


コメント

奇跡っていうのはあるもんなんですね。
すごく神秘的な、信じ難い話ではあるけれど、今の空鳥さんがあるのはその奇跡があってのものだって事がよく分かります。
人は一人では何も出来ないけれど、必ず助けてくれる人が自分の周りにいる。
何処かで必ず誰かと繋がっているんだよね。

普段は当たり前に意識せず生きていますが、周りの人が見ていて助けてくれる、励ましてくれる。こういう時にありがたさがわかります。自分一人じゃないってね。

奇跡が起こるべくして起こったじゃないかとも思えてきます。
人の影響力ってたいへんなエネルギーを持っていると思うから。

灰色狼さんへ!

辿っていくと、どこまでも繋がっていることが分ります。人の繋がりって計り知れないものですね。。

hijiriniさんへ!

大変な目にあって気付くとは…と情けなく思うこともありますが、人は人に何処かしらで助けられて生きているんですよね。

こんばんは!

毎日を一生懸命に生きてこそ未来が見えてくる???
判っていてもなかなか実行できないのが人間の弱い心ですねぇ♪
私は特に弱い(笑)

空鳥さん、お久しぶりです。
空鳥さんは、この記事を読むと大きな事故にあわれたようですね。
奇跡の生還を果たしたのですか。
それは貴重ないのちです。
いのちは大切だということがこの記事から伝わってきます。
ありがとうございます。

チャプターさんへ!

多分きっかけ次第でしょ♪
弱いと思っていても、変わりますよ、きっかけ次第で。

かっくんさんへ!

お久しぶりです☆

命を「いのち」って書くと、あったかいですね

生かされている意味は、生きてこそ分るのだと、それが生きる上での課題なのだとも思ったりします。小難しいか(~~;)


奇跡ってホントにあるんですね!
そして奇跡は起こるべきところに起こるんですね。。

きっと周りの沢山の人の祈りが通じたのですね。

リハビリがんばったねe-278

hikoさんへ!

頑張ったよ(泣)

それまでは気にもしなかった周りの支援に気付くことが出来ましたから、事故とはいえ、良い機会だったのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。