プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り紙

20090511001325

姪っ子のために、折り紙を買おうと思ったけれど、今売ってるところが無くって…、どこかにあったら買って置いて。
と、母に言われ探すことに。

都内で探すとしたら、どこやろか。
文房具屋だってありゃしないのだから、やはりロフトかハンズか伊藤屋か…というところ?

ハンズに行ったら、ちゃんと折り紙コーナーがあったけれど、こんなとこ、大人しか来れへんよなぁ。

昔は自分で、お小遣い貯めたのを持って文房具屋さんに行って 好きな柄の折り紙を買ってたもんだけどなぁ…。今や田舎にも文房具屋さんたるものが無くなってしまって、子どもに適した 買いにいける場所というのが失われてしまった気がした。

バーチャルな遊びばかりでなく、手や肌で直接楽しめるものを、子どもから遠ざけているのは、なんだかんだ言って大人社会だよ…。

問題提起するものの、結局矛盾した流れを作っている大人が、もっと意識しないといけないんじゃないだろか。


子どもが行き来できる範囲で、子どもが手に出来るお金で買い物をするということの大切さは、恐るべからず 多大なものだと、誰もが思うでしょうに…。
スポンサーサイト

テーマ : エコライフ - ジャンル : ライフ

<< どうしようもない悔しさ | ホーム | ざんねんな鎌倉 >>


コメント

子供の頃はよく折り紙折ってたなぁ。
色は赤や青、金色銀色などの原色ばかりだった。
今はずいぶん種類が増えているんですね。


最近は小さな商店がどんどん辞めて行っちゃって30円で買えるガムとかラムネとか・・・子どもたちが自分でお金を払って物を買うことができなくなってるよね。

郊外では、この現象がどんどん進んでいくんだよね。


ヤベっちさんへ!

うんうん、折り紙よくやりましたよねー
私は千代紙とかぼかし模様のとか、好きで集めてた。
駄菓子屋さんも、そうですよね…。小さいお店がなくなっていって、悲しいなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。