プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩着せがましい

20090208160207
大喧嘩…

忙しなく帰る実家。そりゃあ実家という安心出来る場所は、有り難いもの。それを味わいに帰っていることもある。だけど年老いた両親の手助けも必要だろうと、又不仲な両親の緩和剤がいないとダメだろうと思って帰っているほうが強い。
それなのに、喧嘩のついでに、忙しなく帰ってくるのは止めてと…。そんな言われ方、冗談じゃない。

喧嘩のきっかけは、服装のこと。前職ではもっと綺麗にしていたのに、今は現代的すぎるし、みすぼらしいから止めてくれ、帰ってくる時くらい綺麗にしろと言われたこと。前職でそんなに綺麗にしていたわけではない。でも度々着ていたスーツなどは、今は必要なくなって、売り飛ばしてしまった。必要のないものを持ってるほうが、勿体ないもの。
今は余裕がない仕事をしているのだし、必要最低限でいい。親の世間体のために、綺麗にしなきゃいけないなんて、馬鹿げてる。
結婚して出ていくまでは親の世間体も気にしろと言う。せっかくいい仕事につかせてあげたのに、辞めて余裕のない生活をして…、そんな身分を落としたふうになるなと言う。
いい仕事につかせてあげただと?、ふざけんな、親の手柄でつけた仕事だっていうのかい!? 冗談じゃないよ。
陰ながらの支援あってこそやってこれたのだろうけれど、仕事が回ってきたのは親は関係ないでしょーがっ。 そんなふうに思われていたなら、辞めて正解だったわッ。
それからなに、身分を落としてる? アホらしい、親の為に仕事してるんじゃない、したい仕事をして、現実に合わせて生活してどこが悪い!? 必要のないものや余分を買う余裕なんてない、それのどこが悪い? どこに使うかは私の勝手でしょう!

私を心配しての話かもしれないけれど、もっと言葉を選んで欲しいわっ。
その恩ぎせがましさ、もうほとほと ウンザリだよ。

スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

<< 女のハート | ホーム | 自信の無さから… >>


コメント

あまり怒らないでね。
空鳥さんが怒るのは無理ないけど、親は親で心配してるんだから。
(にしてもホントに恩着せがましいというか自分本位というか・・・)
個人的に思うのは今の空鳥さんはちゃんと輝いてるって事。
したい仕事をして頑張ってる姿はカッコいいと思うけどな。
それをご両親も分かってくれるといいんだけどね。

僕も昔はよく親とぶつかりました。
特に親父とは家業の方向性でしょっちゅうぶつかってたなぁ。。
ところがある時点でいきなり引退されてそれはそれで苦労しました。
今はたまに実家に帰ると鬼みたいな顔してた親父が
ニコニコしてくれてます。

空鳥さんも自分で選んだ道をちゃんと選んで
生き生きと頑張ってるんだからいずれ分かってもらえる時がきっと来ると思います。

いつまでたっても親は親っていうけど
やっぱり親の説教はいつまでたっても煙たいね(笑)


私も、親との違いを実感させられ、辛かった時がありました。
最近ではぶつかることもほぼなくなったけれど
一人暮らしをするときも、結婚するときも、そりゃ~いろいろあったよ・・・。

それってひとつの原因は「世代の違い」のような気がする。もしくは価値観の違い?

世代、つまり生きてきた時代背景って価値観にものすごく反映しているよね。
私たちの世代は、いわゆるロストジェネレーション世代、
一方、私たちの親の世代はいわゆる団塊の世代で
親たちが生きてきた時代を思えば、今の私たちの生き方は信じられないんだろうな。

だから、空鳥さんの生き方をご両親は受け入れられないのかもしれない。
でも、だからといって生き方を変えることはできないよね。

う~ん、うまく折り合いをつけていくしかないのかな。

両親のことって、
親が自分のことを何よりも大切に考えてくれてることがわかるからこそ
そして自分も両親のことを大切に思っているからこそ
つらいんだよね~。

なんにもできないけど、どんどんここで吐き出してね!




灰色狼さんへ!

ありがとう~
親とのことは、昔から駄目なんです。相互理解は難しい関係なんですね・・・。親だから仕方ないと想いつつも、そう思っている私のことを微塵も理解しないことに、腹立たしさが後立たない感じで。

hikoさんへ!

ほんと煙たい!!(苦笑)
いつになったら私をカゴから出してくれるの?って思ってしまいます。。。
喧嘩できるうちが華なんて言われたりもするけれど、
私は、人格否定するような親はずっと認められないです・・・。

マルコさんへ!

うん、ありがと!

そう。世代の違い、育った環境の違いからくるものが大きいと思う。でも、『昔はね』という話をしてくれても、それを今でも当然通用するように 従わせようとされても困るわけ。散々反発しているから、もういいかげん、さじ投げて欲しいのだけど・・・。
世間体でしか物事見ない人に、私のために・・・と縛り付けられるのはゴメンだよ。
ってまた、愚痴ってしまった(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。