プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親知らず

先日、親知らずを一本抜きました、初めて、、、。

全部すっぽり横たわっている おの親知らずを抜かないと、横の歯を邪魔してくることになり虫歯も出来やすいといって・・・嫌だったけれど仕方なく・・・。

それが10日前くらいから顎の調子が悪くて、なんとなく痛いなぁと思っていたのも 段々酷くなって 口を開けるのも噛むのも凄い痛みが走るようになってたんです。
顎関節症??と思いながらも、親知らずを抜く日を迎え・・・

口腔外科の先生に診て頂けるということだったので、相談すると「多分顎関節症かな」と軽く言われただけで、気にもせず親知らず抜きは執行モードに。。
口が開かないから・・・と何度もアピールするが、そのまま麻酔をかけられて・・・。不安が拭えきれずに始まってしまいました。


「口が開かないから難しいねえー」と連発する先生。奥歯だし、全て入り込んでいる歯だから、切開しても かなり難しかったようでした、、、

抜けないからって、かなりの力をかけられるので、顎が壊れそう。「大丈夫だよーはずれたらはめてあげるから!」って言ってくれるけれど、はずれるよりも 砕かれそうで怖かった、、、

ギシギシと凄い音を立てて、砕きながら抜いてもらい、とりあえずは無事終了(ホッ・・・・・)


でも、その後の麻酔が切れたときから、今に至り、激痛に悩まされる毎日です。
薬が切れるときの恐怖が・・・なんとも言えない恐怖!!!!!

腫れ上がり熱っぽいホホとともに、思うように食べれない苦痛を抱える空鳥です、、、、
あー・・ 早く解放されたい(泣)

スポンサーサイト

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

<< 田舎 | ホーム | お菓子作り >>


コメント

わぁ、大変でしたね。

思うように食べ物が食べられない辛さと
痛さ。
熱なんか出ませんでした?

解放される日を祈っておきます。
お大事に。

hijiriniさんへ!

大変でした、、、
口が開かないから、ねじ込んで食べていた感じ。
食べたようじゃなくて、かえって大量に食べてしまったりもして・・・太ってくるから最悪、、

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。