プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

籠る場所

昔の出筆家や芸術家は、よく避暑地やホテルを利用して仕事をしていたと聞く。
現代でも、もしかしたらそうなのかもしれない。うちのマンションにも、小説家や音楽家が仕事場として、セカンドハウスとして借りているようだし。

京都へ行ったときに思った。
確かにそうだ・・・・ 普段の生活から離れて、普段の生活臭のしない場所で、普段の雑念から解き放たれる場所でする仕事(?)は、集中出来るし はかどる。

普段、家へ帰ると何かと追われてしまう家事に、時間が無く なかなか進められなかった木彫の小作品。 これを京都に持っていこうと思ったのは、前日の思い付きだった。
荷物が多くなるから嫌だよなぁと思いながらも、きっと静かな時間を過せるだろう旅館の一夜に 最終段階の彩色が出来ることを期待した。


持って行って正解。仕上がった。

彩色前・彫り途中の“不思議なカボチャ”
かぼちゃ1

京都で仕上げた“不思議なカボチャ”
かぼちゃ2



集中してなんでも出来るような気がした あの旅館での静かなヒトトキは、忘れられない。
仕事と言わず やろうとしている家事意外のことを、家意外でやることも、これからは利用したいなと思える一コマだった。
籠れる場所は、内にも外にもあるんだよね・・・


スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

<< おそろ | ホーム | 仲間入り >>


コメント

いいなあ。

一度静かな日本旅館で籠ってみたいものだ。
創作活動なんてできないけど。

このカボチャは見事ですね。包丁で割ったら種が出てきそう。

甘っ辛く煮たらおいしいかも。


雑念がない状態で色づけできた感じが伝わってきますよ。
空鳥さんのピュアな心が。

ホントに周りの煩わしさから逃れて
籠もる場所があったらいいね。。

僕の場合、朝の散歩で気分転換するのが精一杯かなe-330

カボチャ素敵ですねe-420

なにか不思議なカボチャですね。
周りの雑音のない、籠れる場所。

理想的ですね。そんな場所。

ヤベっちさんへ!

え、そんな雑念ない感じが伝わります?
うれしいなァ!

hikoさんへ!

朝の散歩のいいですよね♪
神経系が集中する感じがして、朝は好きです。

hijiriniさんへ!

不思議でしょう?
カボチャじゃなくて、南国系のフルーツみたいにも見えません?
でも売ってるんですよねー、こういうの。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。