プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族内のマナー

なんの繋がりの無い人たちなのに、揃いも揃って私に連絡を入れてくる日や時間帯が同じだったりすることがある。昨日もそうだった。
普段そこまで親しくしていない人からの食事の誘いだったり、旅行から帰ってきましたーの報告だったり、週1会うだけの同僚だったり、昔の同僚だったり・・・・
昨日の午後、特に夜は大変であった。

昨日は1週間ぶりに帰った実家だったので、メール嵐の渦中の私に、さすがの親も腹が立って文句たらたら・・・。
気持ちは解る。だけれど、夫々が皆その時思ってメールしてきてくれたんだよね、その返事も大事なわけよ。
こちらが一段落した時に、「ちょっといい?」と声をかけるわけでもなく、そのまま次の連絡が入ってしまう私に腹をたてる親。「話したい」とも「まってるね」とも言わずに、自分に気を遣ってくれないことに腹を立てていた。その一言も無いまま勝手に憤慨されるなんて お門違いだ!と、私もついつい怒ってしまった。いつまでたってもケンカの耐えない親子である、、、

2年位ご無沙汰していた友達が連絡をくれ、私が即レスしたことで すぐに電話してきてくれたことは、
やっぱり母に何と言われようとも 自分の姿勢を崩さずに居たことによるものだと思う。
家族ももちろん大事。でも私は、家族同様 知人・仲間も大事にしたい。
声をかけもせずに 自分を一番に考えてくれないと憤慨すること、家族だから当たり前に優先順位は先だと思われることに、私は抵抗がある。家族だからといって、“当たり前”ということは無いんじゃないの?
ズカズカと踏み入っていい場所と そうでない場所、家族の中にはこの2つの領域がある。
その使い分けがうまくできないと、いくら家族であってもいい関係は生まれないし、絆は深まらない。
勘違いな家族絆の主張は、かえって溝を作ることを気付いて欲しいのだが、もうかなり年配の親には無理な話なのだろう。私がこういう主張を持つ人間であるということを、いつかは認めてくれるだろうか・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

<< 特等席 | ホーム | プチリセット旅行 >>


コメント

分かる、分かる
メール連絡が入る時ってホントに重なるね。。
メールだからすぐに返事しなくてもいいって思っても
気になってすぐに返事してしまう

嫁と娘達があきれてマス。。

確かにそう思う時もある。って認めた上で

絆って何なんだろうと思う。親子、家族の絆って
本来深まるって表現は自分にはちょっと分からない。
(育った環境などは無視して書いてますが)

家族、友人、仲間すべて大事とわかっていても、しょせん親にとっちゃいつまでも子供なわけですので。

でも、一人の人間として認めることもわかりますけどね。これは親が子離れしてないってことですかね。

んー、難しい問題ですね。e-4


hikoさんへ!

hikoさんもそうですか?
私はもともとは携帯嫌いな人だったのだけれど、連絡するツールとしては、無くてはならなくなってしまって・・・

hijiriniさんへ!

子離れしていない親、とも言えるけれど、
うちは完全に子ども支配型なんですよね・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。