プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予想外の感覚

まず、ありがとう。

皆さんの言葉にどれだけ励まされたか・・・
涙の質も変わってきたから大丈夫です。

友達なんかには、『付き合ってたわけじゃないんだし、そんな大泣きするようなショックを受けるようなことじゃないじゃない』なんて言われますけど、、「この気持ち、あなたには解らないのね。解らないなら解らないでけっこう!解らないなら、そういうこと言わずに黙ってて!」・・・と心の中で思ってます(笑)



気分転換にと、気になっていた【鳥のビオソフィア 山階コレクションへの誘い】展を見てきました。
東大総合研究博物館での催しなので、けっこう好きな本郷あたりをぶらつき、気負いもせずに赤門をくぐりぬけて。
鳥の生態を多角的に鑑賞できるように工夫がなされていて、面白い空間でした。絶滅したドードーやモアの遺物もあったり、剥製標本が立ち並んでいたり・・・

でも、面白いだろうと思っていたものが不快だったり、予想外のものが楽しかったりして、意外な自分の感覚がありました。
木製の標本だんすはとっても素敵なのだけれど、剥製標本そのものが意外にも気持ち悪く感じて、可愛そうに思えてならなかった・・・見ていられなかったですね、、、。
反対に骨標本のほうに興味が湧いて、かわいくも思えてしまったり(笑)

ヒトって不思議ですよねぇ、感覚がどんどんかわっていく。
自分のことすら解らないのですから。
未知だから、自分も含めてヒトって面白い。


東大博物館


博物館前です。異様な出迎え鳥が・・・


東大内


気持ち悪くもなった後の景観。 こっちのほうが癒されたなぁ。
古いたたずまいの校舎と、その脇に悠々と立つ木。
校舎とともに育ってきた木だからでしょうか、意味深く思えるほどの存在感でした。



存在感のあるものっていいなぁ。
存在感のあるヒトに、なりたいなぁ…



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル・ライフ - ジャンル : ライフ

<< ブログ復活! | ホーム | 自分から >>


コメント

出迎え鳥・・・・ちょっと怖いですね。

しかし、人の感性っていうのには変化あるんですよね。
同じ風景や物、本でもいいけど、前に見たのと違う
感覚になることがあります。

追伸

まとめてコメントしたりするので、あとのブログの内容見ないで
コメント書いていてびっくりしたりします。
とんちんかんなコメントしていたらすみません。


hijiriniさんへ!

知らず知らずのうちに、変化・成長してるんですよね。
新しい自分を発見したりすると、嬉しくなりますよねー

追伸のお返事
とんちんかんなコメント?ぜーんぜんしてませんよ!?
いっつもhijiriniさんには励まされてます。
ありがとうv-20

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。