プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分から

自分から打ち破った。

モヤモヤして堪らなかった気持ち。
先週想いを伝えたけれど、遠まわしのお断りがやっぱり気になって仕方がなかった。
だって、好みじゃないならそういう返事、彼女がいるならそういう返事でしょう?
どっちとも取れないお断りに、あの時は、これからをスタートにして、全然知ってもらえていない自分を知ってもらえるように 自分を磨いていこうって思った。それにもっと自分を出していこうって思ってた。

でも、やっぱりそんな自分を出せる場所が無いんだな…って先日痛感したんだ。打破したくてもできない構造。私には与えられないチャンスなのかもなぁって悲しくなった…。

だったらせめて、彼に近ずけるのか知りたい・・・
もともと気持ちを伝えに行った時も、彼女がいるのか聞きたかったんだ。彼女がいるなら迷惑になるから、押しかけてる自分が嫌だもの。人に言わすと、そんなの関係なく 好きなら奪うくらいの勢いが無いといけないらしい。でも私は違うの、だって彼が好きな人なら 彼が大切にしたい人なら、多分きっと私も好きになれる人だと思うから、その彼女を傷つけるのは嫌なんだ。
彼女が傷ついたら、彼も傷つくわけじゃない…? そんなの不幸すぎるよ。 

だから聞いたの。もう一度想いもいっぱい、詰めにつめたメールを送った。
ほんとうは、メールでなく直に聞ければ良かったんだろうけど、そういう機会も持てないし…。
もう、送信するかしないか迷いに迷って、やっと送ったのは午前3時近くだった、、、

この間突然言って申し訳なかったこと。フラレるならちゃんとフラレたかったこと。迷惑かけたくないから彼女がいるのか知りたいこと。ごく一面しか知らないけど、他のどんな姿を見たとしても、それらが掻き消されるくらい大きなものを知って好きになってること。色んな面を知れてる仲間がうらやましいこと…。どんなに頑張って、好みの人になれるように頑張ってもダメなの?…てことまで書いて送った、、、

送ってから後悔もした。こんなことして、解らずや 鈍感って思われるんじゃない?って。
それに、知りたいことは予想もつくことだから、怖くて仕方がなかった。。。
昨夜、彼からの返事が来たときは、本当にどうしようかと思った・・・

携帯を開いて、彼の書き出しの部分を読む時から、緊張と予想と予感でごっちゃになって涙が出る一方だった。

私の質問にちゃんと答えてくれてる部分は、もう大泣き状態。
一度目読んで泣いて、辛いのに、二度目声に出して読みながら大声で泣いてる私ってなんなんだろう。
“数年つきあってる彼女がいて、結婚も考えてる”
そうだと思ってた。そういう返事がきてもおかしくないと思ってたのに、いざ受け取ってみると、受け取れないくらい大きなショックが一緒に寄せてきて、もうどうしたらいいのやら。。
涙が出るようで出ない、だけど泣き叫びたい、こんなことって初めて。ふっと気を緩めると、直ぐに悲しくて涙がこみあげてくる。こんなこと、最初で最後だったりするのかな。。こうやって書くのも、やれやっと…。通勤途中も、休憩時間も、帰宅してからも、一日経っても全然落ち着かない。

つらかったけど、ちゃんと答えてくれた彼への返事には、“またよろしく。今度会うときは元気な姿で行くので!”って書いた。
もちろん強がり。でもそうしておかないと、普通に会えない気がして…怖いから。それに、彼にも気を遣わせたくなかったから。
書いた以上、泣いてなんかいないで元気にならなきゃって思ってる。


悲しいけど、でも彼には幸せになって欲しいから。
私はこれからも、蔭ながらでいいから支援していきたい。
前に伝えたように、フラレても好きな気持ちは変わらないんだもの。
認められる男性なんて今まで居なかったから、この先これ以上の人が居るかしら…と不安にもなるけれど、そこまでの人物だからこそ、想い続けたい・・・

自分で打ち破ってしまったモヤモヤは、深い悲しみと涙に代わっただけだけれど、ぜったい良かったはず。
身の置き方に困るよりも、はっきりさせてよかったんだ。
それに、「気持ちは痛いくらいに伝わってきた」って言ってもらえるくらい、ちゃんと届いたんだから、良かったじゃない?
そう、いつ引くかは解らない涙とともに、今はそんなことを思っています、、、

スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ

<< 予想外の感覚 | ホーム | 穴場探し >>


コメント

想いが伝えられ、それがはっきりして、前に進むことができる。

これ以上の人は絶対にいる。

そう信じて。

彼との出会いと今回の経験は空鳥さんにとってすごく大きかったはず。
これからの空鳥さんにきっと良い影響を及ぼしてくれると信じてます。

空鳥さん

悲しかったね。涙がいっぱいでるね。
でも私は空鳥さんの行動力というか前に進もうとする力に
ほんとうに感心しています。
よくがんばった。本当によくがんばったと思います。
そして、彼に対する思いを強く強く感じます。
彼が好きだという気持ちも、彼に対する思いやりも、ぜんぶぜんぶ
本当によくわかる。そして、その悲しさも。
今の空鳥さんの涙はきっときっと空鳥さんのからだにしみこんで
また新しい毎日を届けてくれるはずだと思います。
今は悲しくてしょうがないかもしれないけれど、
見えないところで空鳥さんは前に進んでいます。
素敵な、とっても素敵な女性に向かって、一歩ずつ歩んでいます。
遠くにいる私だからこそわかるような気がするよ。
今はゆっくり泣いてください。
無理せず笑えるようになったときにまた笑えばいいよ。

hijiriniさんへ!

ありがとう。
そう信じていたいわ(^^*)
でも暫らくはその人を、好きなままだと思う。

灰色狼さんへ!

ありがとう。。
ほんとに、いい影響をもらった気がします。
私にとっては、おっきすぎる存在・・・

マルコさんへ!

ありがとう。。。
遠くにいるのに、とっても近くで見守ってもらえていた感覚です。
マルコさんの言葉に安心して、また少し変われたよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。