プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣がいい

先日、人と話していた時、なんか気持ちがUPするなぁと感じることがありました。
もちろんその人、私のお気に入り(?)の人だし、一緒にいてすごく嬉しくなる人です。

でもその時、なんかいつもとは違う嬉しさがあったんですよね…

とにかく単純な私は、うきうき 楽しいやら嬉しいやら 気分は高揚~♪
そのまんまの気持ちを受けとめるだけで満足してました(笑)


日が経ち、その時の気持ちが冷めることはないけれど、少し冷静にいつもと違うワケを考えてみると…
違いは『場所』にありました。立ち位置っていうのかな。

思えば自分とその人は、いつも向き合っていることが多かったんですね。
そのめっちゃ嬉しかった時は、隣どうしだったのです。
背の高さも全然違うけれど、隣で同じ方向を見て、同じ光景を共有して、話題をも共有する。
そのスタイルが、異常に心地良かったのでしたSAKURA


そうそう、考えてみたら私、誰かと食事に行った時も、向かい合って食べるよりも カウンター席で隣り合うほうが、会話も進むし 一段と楽しいヒトトキを過すことが出来るんでした。

同じ目線で・・・っていう言葉は よく使われるけれど、私は同じ立ち位置で・・・のほうが好きかもしれません。
そしてこれを書いていて思いました。
同じ光景を共有する・・・っていうことが、一番素敵なことだなぁって・・・。

スポンサーサイト

テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ

<< 母の誕生日 | ホーム | ハッピーになれる笑顔 >>


コメント

ホントv-237
そういう人と一緒に歩くと息が合うというか
楽しくてついつい足が弾んでしまいますv-540

結婚する時、ヨメを選んだ1番の理由は
歩く時の呼吸が合うからでしたe-343

食事を向いあって座って食べるより、並んで座って食べるほうが会話がはずむこと、前から感じていました。

自分的には、人と人の距離が関係していると思うのですが、大抵食事に行くなんて人は気のあう人なので距離が接近して、人間の警戒する距離の内側に入っていて親近感がわくのでしょうね♪

hikoさんへ!

歩く時の呼吸が合った方と結婚!!!
いいなぁ~素敵!!

hijiriniさんへ!

そうかぁ、気の合う人とだと、より親近感が湧くのかもしれないですね~
もしまだ打ち解けていない人だったらどうだろう?
警戒心がはずれた感じがするのかなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。