プロフィール

空鳥(soratori)

Author:空鳥(soratori)
幅広い年齢層のカウンセリングを請け負っている、30代女カウンセラーです。

カウンセラーである前に、一人のヒト。
興味のあることには何でも関わっていきたいと思っていて、日々を楽しむことがモットーです。

私の一番初めに抱いた夢(幼稚園の頃)は、『空を飛ぶこと!』
今は・・・、今も空に憧れているかもしれません(笑)
気分的にでも空を飛んでいるような爽快感を、生活の端々で感じることが出来たらいいなと思って過ごしています。


カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

☆☆ My Best Blog ☆☆

ブログ内検索

あし@

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏ん切り

20090517154047
いつかは訪れるだろうと思っていたことだから。
踏ん切りをつけるタイミングが、今きただけでしょう。

いつまでもうじうじジメジメしているアタシじゃない。
自分の恋愛ごととなると全然ダメだけれど、いろんな想いを抱いたこの恋は 私にとって大きな存在だった。失敗も含めて、いい勉強をしたね…って思ってます。


好きな気持ちは消えないけれど、無理なものは無理なんだよと…、ようやく思えたかもしれない。


踏ん切りも大事でしょ。
なるようにしかならない!!!…わけですよ。


差し入れに使ったケーキは、もう作りたくない気もしていたけれど、それではケーキに申し訳ないし。 もともと、一週間遅れて帰省する際 母の日のプレゼントとしてあげようと思っていたので、一度は躊躇したものの、トラウマにしたくないから頑張って予定どおり実行!

とっても喜んでくれた母の姿に、このマカロンタルトに対するモヤモヤも緩和されました。
頑張って正解だったし、母にも感謝です。

スポンサーサイト

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

最初で最後の?

最初で最後になるかもなー ・・・手作りバレンタイン。

そんなことを思いながら、イチかバチかの賭け事をしているような気分で14日を迎えました。

一度フラれたのに 凝り性もなくまたトライするのは、うざく想われる可能性は大でしょう。
もしかしたらもしかして・・・、こんなに想ってくれてるんだぁって思ってくれることもあるかもしれない(!)、そんなほんのちょっとの希望を持っていたかった。
それに、フラれたから もうやめました・・・っていうのは、私的にいただけない。そんな簡単に変えられるような気持ちじゃないのに、今年のバレンタインにあげなかったら・・・そう思われてしまうかもしれない、、、そんなの嫌。。。
だから、最後と思ってあげることにしたんです。 またフラれる覚悟で・・・。


どんなチョコレートにしようか迷っていたのだけれど、やっぱりチョコレート自体を作るのはショコラティエには叶わない・・・買ったほうが美味しいに決まってる、だからチョコ味のケーキか焼菓子だと思いました。なら、トロッととろけるようなものを・・・と、“フォンダンショコラ”に決めました。

パッケージは、もう直ぐに思いついたんです。
フォンダンのようなチョコケーキは、温めて溶け出したチョコを食べてもらうわけだから、わざわざ容器を移すのもめんどう・・・ラクに食べてもらいたい。だからお皿ごとラッピングをと思った。そして赤いバッグ型のもので包みたいってね。

真っ赤な凹凸のあるペーパーを画材屋で買ってきて、バッグ型に作り、下のほうにはお皿を挟んで支えられる口を作りました。
バレンタイン①

バレンタイン②

横から見ると、お皿に乗ったケーキがぼんやり見えます。
お皿の外側を、透明のセロファンと 白い不織布で包みました。
バレンタイン③

バッグを開くと、その不織布にリボンがけしたものがお目見えします。
ここにこっそり、召し上がり方のメモと メッセージカードをつけました(^^*)
バレンタイン④

で、ようやくケーキがご登場です。
温めると、中からトロッとチョコがとろけだす・・・・はず!
バレンタイン⑤

でも実は、前日作ったケーキ(1日置いたほうが美味しくなるから)が、型に流し込む量を多くしてしまった為にうまく焼けず失敗したのです。それで慌てて作りなおしたので、生地を寝かせる時間が短かったり丁寧さに掛けてしまったので、味はイマイチだったかもしれません、、、。
ほんと、ショックでした。寝る間を惜しんで作ったものの、落ち着いて作れなかったショックは大きいものでした、、、。


渡した本番は・・・・・・・・・・・
普通に会う用事はあったものの、渡せるタイミングはなく、一旦帰ってからもう一度出直して行くしかなかった。またピンポーン!ってブザー押すのは、やだなぁ けむたがれる要素がまた増えるよ、、なんて思いながら家に向かったら、ちょうどよく自転車でどこかから帰ってきた彼とガチあって。
びっくりしたけど、嬉しいやら、ほっとしたやらで複雑でした。でもそんなことを考えている余裕もなく、とにかく『渡そうと思って・・・』とそそくさとバッグから出して渡すだけで精一杯。
せっかくだから、その場で色々言えたらよかったのにね、、、そんなことは全然だめでした。
嫌な顔はしなかったと思うけれど、気まずかっただろう感触はあった。どうかなぁ・・・
あとでメッセージを読んでどう思ったかが気になって仕方ないです。悩ませちゃったかな、、って。
重く感じてたら、今度会うとき辛いよなぁ・・・・・と思ってしまって。思いは拭えず、14日当日の緊張から?続いている胃痛を、いまだに引きずってます、、、、、

考えこんでしまうことは、なかなか無くならないけれど、
あの渡した時のことも、忘れられないでいます。
外で、ふつーな感じで会えた、あの瞬間のこと。。。
大して言葉を交わしたわけではなく、ただその空間が、自然で素朴な感触がして、なんともいえない心地良さだった あのときのこと。
やっぱり自分は、今の立場上で好きなだけじゃないんだなって思えたし、こんなふつーなシチュエーションの中ででも成り立つ気がして・・・余計想いが強まってしまったのかもしれません・・・・・・・(いけんよなぁ、、)

でも、あの瞬間の心地良さは、忘れられない。

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

最近思う、自分。

待ちに待っていたことが目前に来ると、待ち焦がれていたことも忘れたように緊張感が薄れて、まるでその大事な時が過ぎ去ってしまったかのように感じてしまう。

決してそうではない。過ぎ去ったわけでも、忘れてしまったわけでもなく、それまでの道のり…待って待って待った間にきっと、緊張とその準備での疲れでマヒしてしまうんだろう。。

もしかしたら、本番の時はもう目をつむってしまいたい(*´Д`)=з…そう思ってのことなのかもしれない。

そんな気持ちが働いて、自分に蓋をしてしまっているんじゃないかなと…
そんな気が、ふとした。

決戦の日(!?)の前日は、どんな感情を持っているかも分からなくなってしまうような、そんなある意味カラッポな感じになりやすい。最近の私には、そんな傾向がある気がした。。。

こんなパターンがあるとしたら、上手く逆手に取れればいい…。ネガティブに考えずにいきたいな。

テーマ : 生き方 - ジャンル : ライフ

買い物依存と過食

元教員の知り合いと話をしていたら、私と同じように昔、買い物依存傾向にあったことを知った。
たかだか2人の間の話なのだから、一概に教員だから・・・とは言えないけれど、
教員時代の生活パターンなど話していると、やっぱり そうなってもおかしくないのかもしれない・・・と思ってしまう。

何か癒されなくて、帰りに何でもいいから買って帰る。着ない服も、もう充分持っているバッグも、要らないと判っているのだけれど、買うという行為でストレスを浄化させてしまってた。でもそのストレス発散も、買った瞬間と帰宅するまでのこと。以降は罪悪感が立ち込めてくる。それでも止められず、お給料もたまらずに使い切るような生活だった。家族も心配していたかもしれない・・・多分それしか発散する場所がないことを解ってはくれていたんだろうな。。。

買い物依存だけでは済まず、電車の光に吸い込まれそうになることもあったし、、、
教員生活って何であんなに病むのだろう・・・。


今は買い物依存もなくなり、ほんとうに良かったと・・・つくづく思う。
しかし疲れを食べて癒そうとするところが、最近歯止めが利かなく・・・・かなりマズイ。。。

テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

地震雲

20081114223440
今朝起きてすぐ見た空に驚いた…

地震雲?

この季節に見たことがなかったので、色合いが違って 確信は持てなかった。
けど、色さえ違うだけで、真横に這うように境が出来た雲は、地震雲と同じ。。

色が違うと くっきり見えるから、余計に怖さを感じた。

大きな地震でないといいのだけれど…
それか、地震雲でなければいい…

テーマ : エコライフ - ジャンル : ライフ

抱える思い

18年前、中学3年の頃、ほんの数ヶ月だけ付き合った人がいました。
中2で初めて一緒のクラスになって友達になり、3年生はクラスが別々になってしまったのだけれど
他の友達を通して付き合うことになったのでした。
その頃の私達は、付き合うということがどういったものなのかが全然分からないでいたし、お互いに奥手で 人目を気にしているような状態でした。休み時間に一緒に居ることも、放課後一緒に帰ることさえも、したい気持ちはあっても出来ない・・・そんな私達でした。ケータイも無い時代・・・、やり取りは手紙でした。
うちの両親が厳しかったこともあって、出かけることも 出来たのは1度だけ。夏休みは当然連絡し合えず・・・でした。

うちが厳しい故 嫌な思いをさせてしまっていることは当然で、その辛さと、でもどうにも出来ず親との間で板ばさみになっていた私は、夏休み明けに彼に別れを告げたのでした。
嫌いになったのならまだしも、自分の都合で人をふるのは、とっても辛いことでした。相手を傷つけて
しまったことは事実で、いつまでも申し訳ない気持ちがつきませんでした、、、。


あれから18年。
もう忘れてもいい頃でしょう。

それが、思いもしなかった。彼が会いに来たのです。それも、私のカウンセリングルームに予約を入れて。
電子メールでの予約で名前を見た時、正直ドキッとしました。彼なのか?同姓同名なのか?
でもまさか、中学の同級生がこんなところまで来るわけがないと思って、疑うことをやめようと思いました。でもそんな思いも拭いきれずに、当日を迎え・・・

出迎えた時、やっぱりそうだったんだ!と。 ほんとに彼だ!と。驚いたし、でも久しぶりに会えて嬉しい気持ちがありました。なんの迷いも負い目もなかった。きっと、過去は過去だと割り切れている自分がいたのだと思います。

どうしてた!?元気にしてた?と、昔話をまじえて話す私達。昔の面影あるなぁって思いながら、変わらないなぁって思ったり、大人になったなぁなんて思ったりしながら・・・。

予約していた時間の終わりに近づいた頃、徐に紙を出した彼。うまく言えないと思って、失礼だと思ったけれど手紙を書いたって・・・。
読んで・・・ びっくりしました・・・

その手紙には、あの頃のことが、付き合う前のこと、付き合えるようになった頃のこと、ぎこちなかったことを、鮮明に書き綴ってありました。そして、もっとうまく付き合えればよかったのにって・・・、人目を気にしてそっけない態度をとってしまったり 親に引き離されるんじゃないかと不安で電話できなかったこととかを後悔していると、私に淋しい気持ちにさせてしまったことを後悔していると・・・・。謝りたかったのに、謝る勇気さえその当時は無かったと・・・。彼は、手紙を読み終わった私に「ほんとにごめんな!」って頭まで下げました。

そんな昔のこと 今まで抱えてたの?って、それを知って私は居た堪れなかった・・・。私の勝手でお別れしたのに、そんなふうに思ってくれてただなんて・・・申し訳なさすぎる。どうしてそこまで!
18年のブランクを越えて会うというのは、相当な緊張だったと思う。それにカウンセリングという気まずい構造を通してだから、なおさらよ・・・。そこまでして伝えにきてくれた彼には、本当に申し訳なさで一杯になった。でも同時に、こんないいヒトを好きになれていたことが、嬉しかったりもしました。

彼にはもう、過去は引きずらずに、今の彼を存分に活かして、めいっぱい幸せになって欲しい。今以上に幸せに!
そう願うことが、私の せめてもの懺悔です・・・ 


テーマ : 30代のライフスタイル - ジャンル : ライフ

イヤリング

この夏のいつからか、イヤリングをあまりつけなくなった。

私はピアスには抵抗があって(身体に穴を開ける気がして・・・)、イヤリング派。
夏の暑い中、イヤリングをつけていると、イヤリング自体が痛みそうな気もするし、
仕事で着替えることが多いので 着替える度に落とさないよう気をつけるのが、面倒に感じてしまって・・・。


と、気付いたら もう2ヶ月くらいしていなかった。
つけていないことを意識してみると、イヤリングがないほうが楽 疲れないことが分かる。


それから最近気付いたこと。
         イヤリングが似合わなくなってた。
付けると、なんだかケバく(?)派手に見えるのだ・・・。
顔が派出た? ありえない・・・
でも付けなくて充分だし、付けるとケバく感じるって・・・やっぱりそういうことだろうか?


付けなくていい顔になったということが、有り難い気もするけれど、付ける楽しみから遠ざかる淋しさもあり・・・複雑な気分。。。



テーマ : 自分に活かす☆ - ジャンル : ライフ

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。